ムトウユニパック > 採用情報

採用情報

現在採用は行っておりません。(2018年11月9日更新)


当社では、社員向けに各種セミナーや研修会を開催しております。
新入社員研修はもとより、先輩営業マンによる若手営業マンのための研修、中途採用者向けセミナー、
社長の子育てセミナーに代表される『幸せ教育』などユニークなものも開催。
『人財』育成のための大切な場となっています。
このページで、少しでも我が社の社風を知って頂ければ幸いです。

「社長の幸せ教育」とは

「会社で働く人々を皆幸せにする」

 『単に会社の業績を上げるだけでなく、「会社に働く人々を皆、幸せにする」という事も会社の社長の大切な仕事。会社を家族と考えれば、家長にあたる社長は、家族である社員の幸せを考えるのは当然の事。』
との考えを根底に、社員を幸せへと導くための「幸せ教育」を行っています。

 例えば・・・
  ◎結婚の決まった社員とそのお相手に夫婦円満の秘訣をレクチャー
   →社長自身の経験談を元に、新婚の二人へアドバイスします
  ◎子どものいる社員向けに「子育てセミナー」開催
   →「人は3歳までに脳の80%が完成する・3歳までの環境が人格の土台を形成する」と言われます
    早期教育の重要性を知ってもらうセミナーです
 などなど

 家庭円満であることが人生の幸せの原点であり、子どもが健やかでスクスク育つことは大切な事と考え、社員が皆充実した人生を送れるためのお手伝いをしています。

*

「新人研修の感想文」ご紹介

「人生の目標を決める」

 中途社員採用セミナーに参加させて頂きました。武藤社長よりためになるお話が数多くありました。  その中でも一番自分のためになったお話は「自分という人間がこの世に生まれたという奇跡」についてのお話です。それは自分の20代前には209万人の祖先がおり、38代前には5497億人の祖先がいる。そのうちの一人でも存在しなかったら自分という人間は存在していない。 そのような事実に基づき存在している、一度しかない自分の人生を大切にし、実りある一生を獲得するためにどのように行動していくべきなのか?というお話です。  武藤社長曰く、そのために最も重要な事は「人生の目標を決める事」。早くから目標を立てて行動している人とそうで無い人とでは最終的に人生の到達点が違ってくる。それは人生の充実度や成功・勝利に結びつく。いつか豊かな港に流れ着くだろうなどと悠長に構えていては結局流れ着かないというわけです。  それにしても、なぜ早くから目標を立てる事が重要なのでしょうか。それは人間という存在がこの世に生を受けた瞬間から死に向かっている存在だからです。つまり人生の時間はあらかじめ決まっているために目標を早めに定める事によって人生の無駄が無くなり、目標に対して直線的に向かう事が出来るのです。  しかし、自らの人生を成功させるために早期に目標を定めるだけでは一歩を踏み出したに過ぎません。不可欠なのが「勉強(教育)」です。 勉強(教育)は立てた目標(未来)と現在のギャップを埋めるものであるといいます。数多くの迫害の歴史を持つユダヤ人は子供に向かって、「家などの資産は奪われてしまうが、頭脳は何人にも奪われることはない。知識があればどんな状況になったとしても困らない」と勉強の重要性を教えるそうです。  そのような教育を受け、合理的に行動する事によって現在のユダヤ人の繁栄が築けたのでしょう。ユダヤには「0から1への道は1から100への道より遠い」ということわざがあるのだそうです。成功への第一歩である人生の目標を立てる事が出来たならば、百歩への道は考えるほどは遠くないのかもしれません。  自助力という言葉があります。それは自らが気付く事によって向上するという意欲を持ち、実際に行動するという意味です。  考えてみれば今までの自分は短期的な目標は立て、ある程度結果を出してきたつもりですが人生の目標という事はあまり考えた事がありませんでした。  しかし今回武藤社長のセミナーに参加する事によって、人生の目標を立てる事・行動する事の重要性を学ぶ事が出来ました。学ぶだけでなく、実際に学んだことを実践する事で自分の人生に責任を持ち、充実した人生を送っていこうと思いました。(2013年中途入社/20代男性)

*
ページトップへ