ムトウユニパック > 本社工場

本社工場

 東京都江東区 小ロット・短納期専門工場

工場のご案内

私たちの本社工場は東京都江東区にあります。日本のビジネスに欠かせない封筒や名刺のご依頼に即対応できるよう、東京の中心地に体制を整えております。 ここでは入荷した紙を断裁して封筒の形状に貼り、印刷などの加工をして出荷します。

工場立地工場立地

日本の首都東京のさらに中心である丸の内から車で15分の本社工場は、弊社発祥の地である江東区永代1丁目にあり、隅田川テラスに面した工場3階西側の窓からは、大川端リバーシティの高層マンション群が間近に見えます。

東京工場

本社工場

本社ビル右側にある本社工場は、日本で最も都心に近い封筒製袋工場として、小ロット・多品種&短納期対応の機能を存分に発揮しております。

*

製造部のご案内

断裁機

断裁機

工場1階は断裁と型抜きです。毎日沢山の受注品がここを通過し、エレベータで3階の窓抜き・窓貼り・口糊加工工程へ上げられます。

製袋

製袋

工場3階で前段階の加工工程を終え、2階に降りて製袋されます。熟練の技でセッティングは手早く、そして慎重に行われます。

製袋

製袋

オペレータと取り込み員の息のあったコンビで次々と封筒に仕上げられていきます。本社工場では沢山の製袋機が毎日フル稼働しています。

仕上がりチェック仕上がりチェック

封筒の一枚一枚に真心を込めてチェックします。

*

物流センターのご案内

物流センター物流センター

栃木工場と野木工場からは毎日3便の大型トラックが往復します。住宅街に隣接しており、近隣住民の皆様にご迷惑がかからない様、細心の注意を払っております。朝の清掃や消防団など、積極的に地域活動にも取り組んでおります。

*
*
物流スタッフ

工場からのメッセージ

私達の道具箱とは、事務用封筒・窓付封筒・DM用封筒を作っている箱の事です。今、封筒に関する事で小口や短納期の事で困っている方はぜひ私達の道具箱を御利用いただけたら必ずご満足頂けると思います。

それでは封筒が出来るまでの工程を紹介致します。

断才 → 型抜 → 窓抜 → 窓貼り → 口糊 → 製袋

という工程で出来てきます。その工程を一括で出来る当社の工場を御利用いただければ、必ず短納期にも満足のいける事と思います。当社のベテランスタッフがお待ちいたしております。
その中で私は最終的な仕事でカマス用の製袋機を担当しております。カマス用の封筒は今ではDM用封筒、請求書用封筒等に使用されている大事な商品です。たかが一枚の封筒ですが、作る為に全力で力をそそいでいます。
まず封筒の貼り方が曲がっていないか、糊はきちんとついているか、窓付封筒でしたら窓のフィルム等にキズがついていないかと全神経をそそいで、一枚一枚の封筒を作り上げています。最後の工程である製袋機の重要な仕事を任されておりますので、自信を持って良い封筒を作り続けていきたいと思います。

*
封筒・手提袋・電子カタログ・名刺でお困りならムトウユニパックへ 0120-541-610 どんな些細なことでもお客様のニーズにお応えさせていただきます。

資料請求

無料見積り相談

ページトップへ